あざなえる禍福の黄色いリボン

桜田淳子にまつわる個人的なもろもろを垂れ流すページ

2011年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年03月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ミュージカル「ヒロイン」

年末年始の多忙にかまけて、またずるずると更新サボっておりました。
実はまだ色々と仕事が押しており、観たいステージもなかなか行けず…

その一つに次のミュージカルがあります。
「ヒロイン~女たちよ タフであれ!~」

元女性アイドルグループが25年ぶりに一日だけ再結成する。4人はもう40代後半。日常に倦み、過去のしがらみも引きずってはいるが、この機会にあらためて人生に向きあおうとする…とまあ、こんな感じの話のようです。

そして、その元アイドルを演じるのが、榊原郁恵、石野真子、松本伊代、早見優と、本当にかつてのアイドルたち。
そして、彼女らが演じるキャラクターの愛称がリリー、ピーチ、ジュン、ナナ。
無論ただの役名で、特定の人物との関連性はまったくないでしょうが、ジュンとピーチって……思わずニヤリとさせられますね。しかも、会場はあの博品館だし(笑

というわけで、往年のアイドルファンを自認する私としては大変にそそられていたのですが、東京では今日が楽日で、結局行けなかったのは本当に残念です。

ただ、このミュージカルはこのあと福岡、広島、金沢、大阪を回るようです。
お近くの方はご覧になってみては?
スポンサーサイト

| 芸能音楽 | 23:21 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

書信表明

何度か書いたことですが、私がこのブログを始めた主因は、淳子さんに関する事がらを文章化することで思いのたけを整理して、心安らかに彼女の映像・音楽を楽しめるようにするためという、極めて私的なものです。
そして、その目的は半年ほどでほぼ達成されました。今はYouTubeで当時の映像を見ても、一時期のように過剰に心動かされることはありません。

そして、当初の動機が失われていた中、ネットの掲示板でその動機の部分で思わぬ邪推を受け、一気にモチベーションが低下し、1年以上お休みする形となってしまいました。今も、更新頻度はお粗末なものです。

そんな現在の状況において、ブログを続けている理由は、主として次の3つです。

●その1 1975年編の続き
これは最低限のけじめと思っています。ただその意識により、自分のためと言うよりも人様に向けたコンテンツという感覚になっており、おかげで、自然とハードルが高くなっちゃってますねぇ。
作業としては、とある資料を参考にすることを思いつき、それをデータとして定量化する作業を少しずつ行っています。ただ、これにより有意な数字を導きだせるか、まだ判りません(苦笑

●その2 ある曲のレビューのため
当初、色々なネタを箇条書きし、取捨選択し順番を考えて、漠然とした全体構想を立てていました。その中で、とある曲のレビューをゴールとして想定していたのです(たびたび言及している「はじめての出来事」ではありません)。
前述の通り、ブログの目的は前倒しに達成されていますが、そのレビューが一番書きたかったパートであり、その気持ちは今も変わっていません。なので、色々と端折りつつも、ズルズル続けてたどり着きたいなぁと思っています。

●その3 「淳子と百恵」というテーマ
淳子さんと百恵さんの関係は、単純には括れない、あまり類例のない面白さがあると昔から感じており、また、記憶と関心が確かなうちに、発表するしないは関係なく、まとめておきたい思いがありました。
そして、このブログのささやかな規模ならば、その場として悪くないかも…などと考えているのです。

とまれ、前科もあるので確定的にお約束するつもりはないのですが、現状このように思案している次第です。
どうぞ宜しくお願いします。

| このブログについて | 23:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2011年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年03月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。