あざなえる禍福の黄色いリボン

桜田淳子にまつわる個人的なもろもろを垂れ流すページ

2008年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年11月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

はじめての…

まずは、私が桜田淳子ファンとなったきっかけから記そうと思う。

実は、最初の頃の印象は、はなはだ芳しくなかった。
彼女が14才でデビューした1973年2月に、私は生意気盛りの小学五年生。エンゼルハットにときめいたりはしなかったし、クッククックなんてガキっぽいと思い、「この花は私です」に鼻白んだ。

転機となったのは、私が中一(74年)の12月、ラジオで耳にした「はじめての出来事」。このメロディーに、一目惚れならぬ一聴惚れしてしまったのだ。

実績としても、この曲は彼女唯一のオリコンNo.1ヒットとなる。さらに、続くシングル「ひとり歩き」も「はじめての出来事」以上に素晴らしい曲だった。
そしてまた、この一年間(74年末~75年末)は、彼女の容貌が最高に輝いていた時期でもあった。

…まあ、それは私の主観である。しかし、その直前ではまだ子供っぽさが抜けず、76年に入る頃は妙にぽっちゃりしてくる。後に、淳子嫌いのクラスメート数人からも「あの頃は確かに可愛かったよね」と言われたし、割と一般的な感想ではないかと思う。

ここで、YouTubeから当時の映像を。75年夏の「十七の夏」。



口パクだし、服装も髪型も時代を感じさせるけれど、今見ても大変に魅力的な顔かたちと思うのは、ひいき目だろうか?

閑話休題。

最高の曲と最高のルックス。
その奇跡の巡り会わせによって、75年は桜田淳子が席巻した。人気、売上とも女性歌手ではNo.1だったはずだ。

というわけで、その年に私が彼女に転んだのは、いたって普通の、ありきたりなことだったろう。
ただ、少しばかり回りと違っていたとしたら、若干凝り性ゆえ、中坊のくせに芸能雑誌を買い漁ったことだろうか。
月刊明星、月刊平凡、近代映画、スターランド、さらに週刊の明星&平凡、週プレ、パンチ、はては女性セブンや女性自身まで。小遣いではとても足らず、「弁当はいらないから」と言って、代わりにせしめた昼食代を犠牲にし。

そして、それらの記事を読み込むうち、生身の彼女が自分の中で焦点を結び始めた。

そんな媒体が当てになるか?と問われれば、無論、提灯な作文ばかりなのは間違いない。特に月刊誌の方の、万事綺麗ごとなまとめっぷりはすさまじい。それに、彼女自身、事務所的な公式見解は頑なに守ろうとする人でもある。
ただ、それでもすり抜けてくるもの、最大公約数的に浮かび上がるものがあるのだ。さらに、別の人の記事の中で、彼女に言及したリする部分が重要だったり。

桜田淳子といえば、恵まれた境遇の元、日のあたる道の真ん中を行く、快活で自信に満ちた少女…というのが、当時の一般的なイメージと思う。
しかし実際には、人気に実力が追いついていないと思い詰め、もがき苦しむ、葛藤の人だったのだ。

彼女のパーソナリティをいくつか箇条書きしてみる。
・幸福な家庭の末っ子の典型で、願望が充足されないことへの耐性が低く、負けず嫌い。
・自分のパフォーマンスで他人を喜ばせることに幸せを感じる、根っからの表現者。
・自分が他者からどう見えているか、どうにも気になってしまう性格。誤解されること、驕りたかぶっていると思われることに耐えられない。
・心理学で言うところの超自我(倫理我)が非常に強い人。正しい、またはやるべきと信ずることから外れるのを生理的に嫌う。

勝ち気かつサービス精神旺盛かつ自意識過剰かつ生真面目で責任感が強い人間が、自分は理想からほど遠いと自覚していた…ということ。それは必然に、何ごとにも一所懸命に、努力で克服しようとする強い動機づけを生む。
けれども、それが往々にして空回りし、いまひとつ報われない感がつきまとった。

そのもどかしさが、どうにも切なく、愛おしく、また、私も当時ナイーヴ(笑)なお年頃で、上記の点でいくつか共感する所もあり、75年をピークに人気が下降線をたどるにつれ、むしろ「応援せねば!」とますます入れ込んでいった。

単純な好き嫌いの次元を超え、私にとって桜田淳子が特別な存在となってしまった、これが経緯である。
…まあ、勝手な思い込みは多分にあったろうけれど(笑
スポンサーサイト

| メイン記事 | 03:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

畑中葉子

前ポスト「はじめての…」の文中、提灯記事な芸能雑誌でも「すり抜けてくるものがある」と書いたが、その一例を挙げてみる。

畑中葉子。
1978年、師匠の平尾昌晃とデュエットする「カナダからの手紙」でデビュー。これは特大ヒット曲となる。
その時点では、曲のイメージから、彼女はまったくの清純優等生な印象しかなかった。

あれは確か、月刊明星の、高校時代の思い出を語るといったような記事だった。
彼女は、テストの時、カンニングペーパーをロール状にして胸元に仕込んでいたのだそうだ。例え見つかっても、それが男性教師ならば手は出せないし…などと、あっけからんと語っていた。

大変に驚いた。
カナダ大使館から感謝状をもらうといった品行方正さからは、相当なギャップがあった。

しかし、ほどなく彼女はスキャンダラスに結婚し、すぐさま離婚、ロマンポルノの女優となり、「後ろから前から、どうぞ」と艶めかしく唄う人となる。

そこで、ようやくにして私は思い至った。
「なるほど、彼女自身は最初からぶれていなかったのだなぁ」…と。

| 芸能音楽 | 03:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

これからのこと

このページには、FC2によるアクセス解析の設定がしてあります。
しかし、足跡はずっとゼロでした。
そのことを残念に思いつつ、内心ほっとしてもいました。

来訪者がいないのをいいことに、ちょこちょこ訂正を加えたりしてるうち、だいぶ頭は冷えてきて、おかげでライブBOXもなんとか聞けるようになりました。
むしろ、思いのほか楽しくなり、シングルのBOXセットや、紙ジャケのアルバムも注文したりして。

もう、当初の目的は達せられつつあるので、このままこのブログを閉じようかと思っていたのですが…

うっかりしていました。アクセス解析が働いていなかったのです。
別のブログは、登録しておけば勝手に解析してくれるので、FC2もそうだと勝手に思い込んでいました。実際には、HTMLにタグを仕込んでおかなければいけなかったのです。

そう気がつき、設定を加えて数日、数人の方々に、来訪はおろかリピートまで頂いていることが判りました。これはもう、腹をくくるしか…

前述したようにCDを買い込んだりして、今のところ淳子が私のリバイバルブームになっています。
この勢いの限りは、続けていきたいと思っています。

よろしかったら、しばらくのお付き合いのほどを。

| このブログについて | 23:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ごめんなさい…

前回のポストで、しばらくこのページを続けると書いたそばから、いきなり更新が滞ってしまいました。

実は、書き始めてみると、ネタがどんどん出てきて、まったくまとまらない状態に…
いったん筆を置いて、全体の構成を考えようと思っているうちに、公私ともに多忙な状態になってしまいました。
申し訳ありません。

次がいつになるか判らないのですが、一週間内にはアップしたいと考えています。
どうぞ宜しくお願いいたします。

| 雑記 | 01:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2008年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年11月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。